太魯閣1泊2日の旅

今回は太魯閣(タロコ)に行ってきました。
(記事が長くなるので、スポット、宿泊先などは個別の記事で分けて紹介したいと思います。また費用の内訳はページ一番下にありますので是非ご覧ください!!)


このときは丁度台中にいたので、9/3深夜1時の統聯客運で台北へ向かいました、なので車内で仮眠をとりました。台北到着は朝4時頃、朝食を済ませたりして時間をつぶしているとあっという間に出発時刻です。
この日の天気は台北も雨が降っていて、天気予報では花蓮も雨だったので少し不安ですが後は運任せです!!

太魯閣一日目

6時10分の電車でいざタロコへ!!
行きチケットはネット予約で購入しました。(別ページにまとめているので詳細はこちら)

朝一番の太魯閣号なのですが満席のようでした。
花蓮駅までは約1時間弱。

花蓮駅到着です、ここからバイクレンタル屋を探します。

駅前にはたくさんのレンタル屋があります、事前に調べていなかったのでこちらで借りました。値段は一台一日300元で一日半ほど借りたかったのですが半日は一日料金になるといわれたので二日間のレンタルとなり600元で借りました。

花蓮駅からタロコまで一般道をバイクで走ること約40分程で到着です。

一日目の太魯閣でのスケジュールは「砂卡礑歩道」⇒「燕子口」⇒「九曲洞」⇒「天祥」でしたが、「九曲洞歩道」が落石のため封鎖されていたのでいけませんでしたので、最終的には「砂卡礑歩道」⇒「燕子口」⇒「天祥」⇒「岳王亭」⇒「布洛灣」というふうになりました。
砂卡礑歩道をゆっくり往復して約1時間半ほど

途中工事している場所がいくつかあり、路肩がえぐれている場所があったので見てみると、巨大な岩が落ちてきたようで急ピッチで復旧工事が行われていました。


天祥
皆歩き疲れたようで天祥でかなり遅めの昼食と休憩をとりました。時間が無く天祥にほど近い白楊歩道には行けませんでした。


岳王亭

布洛灣
布洛灣は四方を山に囲まれている場所で、昔太魯閣族が住んでいた場所だそうです。
(写真は撮ったはずですが、帰ってみてみると写真が思った以上に少なかった…)

岳王亭の後はひたすら太魯閣の入り口方面へバイクを走らせるだけで、今回事前に予約したホテルは太魯閣のすぐ近くにある「太魯閣旅店」という宿泊施設です。
ここで一旦休憩です。

18時ごろホテルからバイクで40分ほどかけて花蓮市街地にある夜市へ行きました。
ここの夜市はかなり大きく今まで行った中でも一番規模の大きい夜市でした、行く店行く店行列が絶えない店ばかりで中には遊園地並みの待ち時間2時間という店もありました、様々な屋台が軒を連ねているので誰でも楽しめる場所だと思います。
うる覚えで申し訳ないのですがホテルに戻ったのは大体24時近くでした。

スポンサーリンク



太魯閣二日目

太魯閣二日目は「長春祠」⇒「長春祠歩道」に行ってから、花蓮駅近くへ行く予定でした。
予定では7時頃には宿泊先から出発する予定だったのですが、朝食が7:30からとちょっと遅く、結局色々準備しているうちに9時出発となってしましました。
個人的にはもう少しゆっくりと太魯閣を満喫したいのですが、時間も短いですし今回は友人もいるので仕方ありません...

長春祠
歩道が落石のため封鎖、本来は長春祠歩道などへ行く予定だったのですが行けなかったので、急遽予定を変更して「七星潭」へ行ってから花蓮市内へ向かう事になりました。

七星潭

七星潭の後は、花蓮市内へ向かい遅めの昼食を済ませてお土産購入などをしてバイクの返却へ!!返却時車両のチェックなどあるのかと思いきやチェックは全く無かったです。(レンタルバイクの詳細についてはこちらへ)
バイクを返し終えて15:30花蓮駅に到着、悠遊カードにチャージするなどして15:45発の区間車(各駅停車)を待ちました。

区間車は珍しく発着ともに遅延なく羅東駅到着!!ここからバスに乗り換えです!!
 羅東駅の目と鼻の先にある羅東バスステーション、タロコ号、プユマ号のチケットが買えなかった人は大体こちらで乗り換えるようで、バスステーションの中はかなり人がいました。

ここが乗車券売り場なのですが、当日購入は長蛇の列でした。
ちなみに右側が当日購入窓口、左側がネット予約の窓口です。

ネット予約していたのですぐにチケットがもらえました。

 17:40のバスでいざ台北へ!!
途中渋滞もあり台北に着いたのは19:20頃(記憶は定かではありませんが...)、そして太魯閣一泊二日の旅もこれで終わりです。

今回太魯閣行った時には天気には恵まれたのですが、落石の影響で行けなかったスポットがいくつかあったので少し残念でした...台湾東部に足を延ばす機会はないので、今回すべてのスポットを回ってみたかったですね、バイク移動なのでバスを待つ時間などは省けるのですが一泊二日だとゆっくり観光するには少しスケジュールがキツキツだと感じました。
太魯閣は落石の影響で歩道が寸断されることなどがあるため、行かれる際は事前に太魯閣国家公園のホームページで歩道の開放及び閉鎖の下調べをするのがいいと思います。
日本語のリンクも貼っておきますね!!⇒太魯閣国家公園


費用内訳

項目 台湾元 日本円(Rate:3.250)
交通費(行き:太魯閣號)
NT$440
JPY¥1,430
交通費(帰り:各駅停車.バス)
NT$265 (電車:130バス:135)
JPY¥   861
交通費(バイク一台)
NT$600    (一日:NT$300)
JPY¥1,950
ガソリン代
NT$105
JPY¥   341
宿泊費(四人部屋)
NT$3000  (一人:NT$750)
JPY¥9,750
合計 (一人あたり) NT$1,860  ¥6,045
(費用内訳には食費は含んでいません、参考までにどうぞ!!)



このブログの人気の投稿

太魯閣号(タロコ号)・普悠瑪号(プユマ号)の乗車券予約は争奪戦...

武嶺(台湾・南投県仁愛郷)

合歓山主峰(台湾・南投県仁愛郷)